<< November 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
  • 2012.10.11 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

姫星美人、自然の恵みで大群生


 
 
 
 

姫星美人。

 

 

 

この多肉植物に会える日を、どれだけ待ち焦がれただろう。

 

 

 

 

 

 

指折り数えて約半年。

 


ようやく家族として迎える日が来た3月。

 

 

 

 

いや、2月だったか、、、。

 

 

 

 

 

 


「 NOON FLOS 」さまの店頭に並ぶセダム一族。

 

 

どの苗も、黒ポットから溢れそうなほどてんこ盛り。

 

 

 

 

 


その中に、ひときわ輝いて見える苗。

 

 


それが、姫星美人さんだった。

 

 

 

 

 

 


お値段、たったの315円。

 

 

 

 


いや。

 


多肉部長にとって、315円は大金。

 

 

 

 

 

ただ、1ポットに入っている大容量を見れば
あなたも納得されることでしょう。

 

 

 

 


「 たった 」の意味を。

 

 

 

 

 

 

 

 


他店では、1,000円以上。

 

という、高値で販売されていることもある姫星美人。

 

 

 


多肉部長にはとても手が出ない価格帯。

 

 

 

 

 

ありがたい。

 


低価格で大群生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3種類のセダム一族を家族に迎え、さっそく植え替え作業開始。

 

 

 

 

 


ハンギングタイプのかごに寄せ植えしよ。

 

 

 

 


かわいい〜、かわいい〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数週間後。

 

 

何がいいのか、悪いのか。

 

 

 

 


増えはじめた、3種類のセダム一族。

 

 

 

 

 

 


セダム属は「 横に根を伸ばし成長する 」。

 

 

 

 

NOON先生に教えていただき、その知識は
頭にしっかりインプットされていた多肉部長。

 

 

 

 

 

数週間で、25cmのハンギングかごが
3種類の多肉植物で埋め尽くされるとは、、、。

 

 

 

 

 


苗と苗の間隔を十分にとり植えたのがよかったのか。

 

 

 

 

 

姫星さんの気持ちはよくわからないけれど
飛び上るほどうれしい、大群生。

 

 

 

 

 

 

 


ではでは、ここは姫星美人さんに移動していてだきましょ。

 

 

 


2倍に増えた苗を抜き、根を自由奔放に伸ばしてもらうため
大鉢のど真ん中に、ゆとりをもって植え替えた。

 

 

 

 

 

 


現在。

 

 


屋外で雨ざらしにされるも、増えに増え
素晴らしい群生を続ける姫星美人。

 

 

 

 

 

 

毎朝、頭を撫でて「 いい子、いい子。 」
と声をかける多肉部長。

 

 

 

 

 

 

知り得た情報によると、姫星美人は、

「 軽く手で触れただけでも、葉が落ちやすい 」。

 

 

 

 

 

そうして落ちた葉は、自然と葉挿しになり増えるらしい。

 

 

 

 

 

 

 


群生の原因。

 


おれか、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


先日。

 

 

ツレが溺愛しているネズミを連れ、ホームセンターへ。

 

 

 


レジに並んでいると、前に並んでいた夫人が
くるりと振り返り、ねずみの頭を撫ではじめた。

 

 

 


多肉部長に一切の断りもなく。

 

 

 

 

 

 


その行為。

 


勝手に、人のかばん触ちゃってんのと一緒だよ。

 

 

 

 

 

 

一言ことわるでしょ、普通。

 

 

 

「 触らせていただいてもいいですか? 」

 

 

 

とかなんとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、いい。

 

 


放置。

 

 


放置。

 

 

 

 

 

 

 

次女ネズミは、なすがまま。

 

 

頭をこねくりまわされている。

 

 

 

 

 

 


次の瞬間。

 

 

 

 

「 あ〜〜〜〜、だめだめ。 」

 

 

 

 


見ると、次女ネが夫人が手に丸めて持っていた
ティッシュにかみついているではないかっ。

 

 

 

 

「 放しなさい。こらっ! 」

 

 

 

 

さらに、大声で次女ネを叱る夫人。

 

 

 

 

 

 

 


叱りたいのは、こっちだよぉ。

 

 

 

さっき、鼻ふいてたでしょ。

 


そのティッシュで。

 

 

 

 

もう、汚いなぁ。

 

 

 

 

 

ティッシュを放さない次女ネに対し、他人の夫人は半狂乱となり
フロアーに響くほどの叫び声をあげる。

 

 

 

 

 


みんな見てるから。

 

 

 


そろそろ、よろしいでしょうか。。。。。

 

 

 

 

 


次女ネが、ようやく放したティッシュをバッグにしまい
ほっとしたのも束の間。

 

 

 

 

 

こりもせず、今度は長女ネズミの頭に
触ろうとしているではないか。

 

 

 

 


あっけにとられ、何も言えない多肉部長。

 

 

 

 

 

 


夫人。

 


そいつに手ぇ出したら、やけどするぜっ。

 

 

 

 

 

 


止める間もなく、手を出した夫人に
けたたましい大声を発し、襲う長女ネ。

 

 

 

 


「 なんで、そんなに怒るの! 」

 

 

 

 

夫人、お願いです。

 

 

そっとしておいてください、俺たちのことは。

 

 

 

 

 

「 だめでしょ、だめ!怒ったらっ 」

 

 

 

 


叱る必要はなかったんです。

 

 

 

あなが、手を出したりしなければ。

 

 

 

 

 

 

 

横にいる夫人の夫は、一度も振り向くことなく
背を向けたまま、知らんぷりを決め込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 


そして、我が家の末っ子長男は、、、

 

 

 


他人の夫人の夫のヒップ周辺に密着。

 

 


ひたすら、臭いを嗅いでいたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

周りにいらした、一切無関係のお客様。

 

 

 

結果的に、ご迷惑をかける原因となった
多肉部長をお許しください。

 

 

 

申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、昨夜。

 

 

緊急会議によって、降格を言い渡された多肉部長。

 

 

 

 

多肉部長。

 

 

 

多肉次長。

 

 

 

多肉課長。

 

 

 

いや、課長のポジションはすでに決定ずみだ。

 

 

 

 

 

多肉係長。

 

 

 


うっそ〜。

 

 

 


次長じゃなくて、係長。

 

 

 

 

 

 


その理由が、○○○とは、、、、。

 

 

 

 


たまには、ときめきも必要だぜ。

 


おれだって。

 

 

 

 

男だよ。

 

 

 

 

助けてくれると思った、専務まで、、、。

 

 

 

 

 

 

今夜は、夜通し葉挿しを増やしてやるぅ。

 

 

 


プチッ。

 

 

プチッ。

 

 


プチッ。

 

 

 

 

 

 

数時間後。

 

 

 


葉挿しボックスが2つ。

 

 

満席となった。

 

 

 

 


300枚はあるな。

 

 

 

 

 

 

よ〜し!

 

 


どんどん増やして育ててやるぅ、小苗。

 

 

 

 

 

 

 


あとで、「 議題書 」持ってお花屋さん行こ。

 

 


会議の後は、「 議事録 」作って専務にも見せよ〜。

 

 

 

 

 

 


「 多肉部長の給湯室 」。

 

 


または、スーパーハウス。

 

 

 

 


湘南にて実現!

 

 

 

 

 

 

つ〜か。

 

 

先生、お忙しいかなぁ。。。。。。

 







 

 

あらら。

 

 

トレーを、、、、。







これは、一仕事ですね。












すぐに、「 葉挿し隊 」としてうかがわねば!







と心の底から思うも、体がいうことをきかず。




とりあえず、一回寝よ。











ご訪問ありがとうございます。

 

 

多肉部長でした。

 

 

 

 

 


しかし、昨日の高橋大輔くんは素晴らしかった!

 


スケート、さいこ〜♪


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 


スポンサーサイト

  • 2012.10.11 Thursday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

          

categories

search this site.

          

links

何度も訪れたくなる美しい世界。            いやされます。                

selected entries

archives

          

recent comment

  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    多肉部長
  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    りん
  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    多肉部長
  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    りん
  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    多肉部長
  • カランコエ・オルギアリス(仙人の舞)葉挿し率100%
    りん
  • ファングさん、葉が下向きなのはなぜなのぉ〜!?
    ひじ妻
  • 多肉庁24時! 子ネズミ「 徹子 」 × 多肉部長
    ひじ妻
  • 多肉庁24時! 子ネズミ「 徹子 」 × 多肉部長
    多肉部長
  • 多肉庁24時! 子ネズミ「 徹子 」 × 多肉部長
    ひじ妻

profile

others

mobile

qrcode

PR